整体・骨盤矯正、腰痛・肩こり・美脚・美尻のSKP整体

【症例】膝の痛み

SKP整体 センター南店 整体師 池田真一

主な原因

膝の痛み
膝痛の原因は色々ありますが、根本的な原因として歩き方などによる膝への負荷のかかり方があげられます。

SKP整体ではその歩き方が変わるのは8割がた骨盤のゆがみによるものと考え、骨盤のゆがみから、姿勢の狂いが生じ、股関節なども歪み、結果として過度の負担が膝にかかると考えます。

したがって骨盤のゆがみさえ整えれば、どんな高齢の方でも膝の不安を持たずに生活ができます。

膝への不安がなくなれば、自由に歩き回れますし正座や階段の上り下りも楽々です。

また、自由に動けることで気持ちも明るくなります。

主な対処法

膝の痛み
対処法としては、原因は骨盤の歪みですのでそれを正す体操などをする。

その上で骨盤と膝の間にある部位である股関節や太ももの筋肉をほぐしてあげる必要があります。

太もものほぐし方は外側から内側へねじってあげるようにしてあげると効果的です。

膝のお皿もガチガチに固まっているようでしたら、お風呂上りなどにお皿を上下に動かすようにほぐしてあげるといいです。

これらの具体的な方法について知りたい方は、来店時に担当整体士に聞いていただければ適切な指導をさせて戴きます。

又、膝の痛みに効果があると言われているサプリメントもありますが、これらのサプリメントは摂取するだけでは効果がありません、すぐに排出してしまいます

効果を出したいのでしたら、摂取した後に痛みのある関節を動かして下さい

関節を動かし痛みを感じると脳が反応して有効成分を患部へ送り、効果が表れるからです。

施術について

膝の痛み
当院ではまず全身の筋肉を押して緩めていく押圧法で、緊張し硬くなった筋肉を緩めていきます。硬くなった筋肉はお客様に痛みを与えやすく、また関節の可動を制限してしまい矯正時にお客様へ負担をかけるからです。

又、当院の施術の特徴として、仰向け施術やおなかを直接押圧する腹部調律による施術が上げられます。

膝痛だからと膝だけを施術するのではなく、膝と連携して働く筋肉やお腹も一緒に緩めていきます。

腹部には大腰筋という筋肉があり、この大腰筋は骨盤を立てて正しい姿勢を維持し、歩くときに脚を引き上げるのに使う重要な筋肉です。太ももに繋がっており間接的に膝へも影響しています。

これにより、お客様の膝の動きを改善していきます。

膝に影響している筋肉はほかにも多数あり、太もも周りや股関節周りを重点的に緩め、膝周りの靭帯のズレなども診ていきます。

筋肉が緩み動きやすくなった骨を動かし調整をしていくことで骨盤や股関節、足首など歪んだ骨格を矯正し整えていきます。

矯正と言っても無理矢理動かしたりはしません。先に筋肉を緩めておくことで無理なく矯正することが出来ます。

骨盤、骨格を整えることで痛みの原因を取り除き、悪くなっていた関節の可動域も広がり一部分に過度な負荷をかけることが無くなります。

こうして、ただ痛いところだけを施術するのではなく、根本原因からの解決を目指します。

日常での疲労や生活習慣で筋肉の緊張や骨盤の歪みをだしてしまっているので、簡単なセルフケアの指導や、生活習慣改善のアドイスなども行います。

定期的に施術を受けて頂き、正しい筋肉のバランスや整った骨盤・骨格を維持することで、正しい姿勢の取れる、痛み・辛さの出ない身体作りをサポートしていきます。

膝の痛み

膝の痛み
また、なかなかお店に来て骨盤の調整ができない方のために、当院では骨盤矯正用のベルト《骨盤先生》も開発しました!!
骨盤先生は、正しい位置に骨盤を調整することで、筋肉への圧迫を解消、筋肉を緊張から解放することで下半身のバランスや股関節の動きを改善し、膝への負担を軽減します。
骨盤の歪みは一度整えただけでは生活習慣によってすぐにまた歪みがちです。日常的に自分で骨盤の矯正をすることで、より施術の効果を生かすことが出来ます。

詳細はこちらをご覧ください
http://www.kotsubansensei.com

症例一覧

ページの先頭へ