整体・骨盤矯正、腰痛・肩こり・美脚・美尻のSKP整体

【症例】骨盤のゆがみ

SKP整体 鶴見店

主な原因

骨盤のゆがみ
さまざまな要因で骨盤は歪んでしまいます。

例えば歩き方、姿勢、生活の中のクセ、運動不足、ストレス、出産、など。

特に女性の場合、胎児の育成と出産の為に骨盤の重要な関節である「仙腸関節」が柔軟で、歪みやすい構造になっており、出産後もその歪みが戻らなくなってしまう事が多いです。

そして、骨盤の歪みは、それを正しい位置に戻す筋肉というものが無いため、

運動をしても改善されず、逆に、運動する事で左右非対称的な骨盤の歪みが増悪するため、逆効果になりかねません。

この悪循環を断ち切るためには、運動や日常生活で形成され、定着してしまった身体の歪みを一旦解消、調整する以外には方法は無いのです。


主な対処法

骨盤のゆがみ
日常の姿勢、身体の使い方、運動のクセを見直しましょう。

長く座っている方の場合…

同じ脚ばかり上に脚を組む、体育座りをよくする、浅く腰掛けて背もたれによりかかる、背中を丸めて前傾に座っている、アヒル座りをよくする

以上は骨盤が歪む原因となるので、やっていると気が付いたら意識してやめましょう。

長く立っている方の場合…

脚を絡めて立っている、片足を軸に反対の足を開いて立っている、お腹を突き出して立っている、壁に寄りかかりながら立っている

以上も歪む原因となります、時々、鏡などで立ち姿勢を確認してみましょう。

長く歩く方の場合…

いつも同じ脚で歩き出す、いつもカバンの掛ける肩が同じ、がに股、もしくは内股に歩いている、歩幅が狭い

以上を続けると、今よりさらにクセは悪化し、悪循環にはまってしまう恐れがあります。


施術について

骨盤のゆがみ


当院では骨盤の歪みだからといきなりボキボキと矯正をかけたりしません

まず全身の筋肉を押して緩めていく押圧法で、緊張し硬くなった筋肉を緩めていきます。硬くなった筋肉は痛みを出しやすく、また関節の可動を制限してしまいます。

骨盤をゆがませ姿勢を悪くしている筋肉としては腹直筋、腸腰筋、長内転筋、大腿直筋、薄筋、縫工筋、腰方形筋、ハムストリングスなど考えられますので、そちらをしっかり緩めます

骨盤の歪みには、前傾、後傾、開き、上方、下方と様々ありますが、まず、お客様の骨盤の状態をチェックし、歪み方に関与している筋肉を入念に緩めてから調整を行います。

筋肉が緩み動きやすくなった骨を動かし調整をしていくことで骨盤や股関節、足首など歪んだ骨格を調整し整えていきます。

この辺りも、先に筋肉を緩めておくことで無理なく調整することが出来ます。

骨盤、骨格を整えることで痛みの原因を取り除き、悪くなっていた関節の可動域も広がり一部分に過度な負荷をかけることが無くなります。

こうすることで、ようやく本来の筋肉の可動を取り戻すことが出来るので、あとは予防のためにウォーキングや水泳を行うことをお勧めします。

また、スポーツや肉体労働において、特定の、しなくてはならない体勢や、筋肉の使い方がある場合でしたら、簡単なセルフケアの指導や、生活習慣改善のアドバイスなども行います。

もしわからない点があれば担当整体師にお気軽にご相談ください。

骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみ
また、当院では骨盤矯正用のベルト《骨盤先生》も開発しております。

骨盤先生は、正しい位置に骨盤を調整することで、筋肉への圧迫を解消、筋肉を緊張から解放することで下半身のバランスや股関節の動きを改善し、運動器への負担を軽減します。

骨盤の歪みは一度整えただけでは生活習慣のクセによってすぐにまた歪みがちです。定期的な施術計画をお伝えしますが、歪みがなかなか取れない、すぐ歪んでしまう場合はこちらのベルトをご試着ください。

巻くだけで正しい姿勢の保ち方、歩き方に戻してくれるので、手っ取り早く筋肉の使い方を調整することが可能です。

それも、補正下着の素材を100%使用、通気性も強度も良い素材ですので、毎日お使いいただけます。

詳細はこちらをご覧ください
http://www.kotsubansensei.com

症例一覧

ページの先頭へ