整体・骨盤矯正、腰痛・肩こり・美脚・美尻のSKP整体

【症例】坐骨神経痛

SKP整体 センター南店

主な原因

坐骨神経痛
坐骨神経とはお尻から足先にかけてはしる太くて長い神経のことでなんらかの原因でここに痛みやしびれが生じることを一般的に「坐骨神経痛」と呼んでいます

坐骨神経痛を引き起こす要因として考えられるものには「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」などが考えられます。

「腰椎椎間板ヘルニア」の場合は椎間板の中にある髄核が飛び出し神経を刺激しておこります。

坐骨神経痛
「脊柱管狭窄症」の場合は脊柱管が狭くなって神経を刺激してしびれがおこります。

「梨状筋症候群」の場合は梨状筋が凝り固まって神経を刺激してしびれがおこります。

いずれにせよ腰椎や骨盤、もしくは筋肉が何らかの原因により正常な状態でなくなって神経を圧迫しておこると考えられます。

主な対処法

坐骨神経痛
対処法としては、腰椎、骨盤、筋肉が正常な状態でなくなっているのでそれを正すようにストレッチをする。

また、その部位の筋肉を緩めて神経を刺激させなくする必要があります。

坐骨神経痛
ストレッチの方法としてはひざをかかえるようにするストレッチや股関節をねじるようにするストレッチなどがあります

施術について

坐骨神経痛
当院では、坐骨神経痛を引き起こす要因の「骨格のゆがみ」も、筋肉が緊張により固くなったことによって骨格が圧迫されておこると考えます。

そして全身の筋肉をまず押して緩めていく押圧法で、緊張し硬くなった筋肉を緩めていきます。

硬くなった筋肉は痛みを出しやすく、また関節の可動を制限してしまうからです。

筋肉が緩み動きやすくなった骨を動かし調整をしていくことで骨盤や股関節、腰椎など歪んだ骨格を矯正し整えていきます。

矯正と言っても無理矢理動かしたりはしません。先に筋肉を緩めておくことで無理なく矯正することが出来ます。

骨盤、骨格を整えることで痛みの原因を取り除き、悪くなっていた関節の可動域も広がり一部分に過度な負荷をかけることが無くなります。

こうして、ただ痛いところだけを施術するのではなく、根本原因からの解決を目指します。

日常での疲労や生活習慣で筋肉の緊張や骨盤の歪みをだしてしまっているので、簡単なセルフケアの指導や、生活習慣改善のアドイスなども行います。

定期的に施術を受けて頂き、正しい筋肉のバランスや整った骨盤・骨格を維持することで、正しい姿勢の取れる、痛み・辛さの出ない身体作りをサポートしていきます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛
また、なかなかお店に来て骨盤の調整ができない方のために、当院では骨盤矯正用のベルト《骨盤先生》も開発しました!!

骨盤先生は、正しい位置に骨盤を調整することで、筋肉への圧迫を解消、筋肉を緊張から解放することで坐骨神経痛の改善にも効果的です

骨盤の歪みは一度整えただけでは生活習慣によってすぐにまた歪みがちです。日常的に自分で骨盤の矯正をすることで、より施術の効果を生かすことが出来ます。

詳細はこちらをご覧ください

http://www.kotsubansensei.com

症例一覧

ページの先頭へ